横浜クラシック家具「ダニエル」 > ダニエルブログ > センチュリー家具修理 リメイク 張替え サアラ麻布販売
家具修理「家具の病院」
2021/01/27

センチュリー家具修理 リメイク 張替え サアラ麻布販売

ダニエルブログ

椅子・ソファの張替は「家具の病院」へ

ダニエルの「家具の病院」では椅子の張替、ソファの張替はもちろん、メーカーを問わず、国内外の家具を修理・修復することで、各マスメディアでもご紹介いただいております。

センチュリー家具修理・張替

今回は『センチュリー家具』修理のご紹介です。
閉店したサアラ麻布が販売を手掛けていたセンチュリー家具。
センチュリー社は高級家具ブランドとしての確かな品質はもとより、トラディショナルからコンテンポラリー、オリエンタルまで豊富なスタイルのコレクションが魅力的な家具メーカーです。

 
ダイニングチェア張替事例

修理前

 
革に汚れが目立つほか、座面のウレタンのヘタリが生じているために張替をご依頼いただきました。


まずは、丁寧に既存の張地を剥がしていく作業です。
ネットが既にのび切ってしまっていました

衝撃の事実 もう少ししっかりした座板フレームとシートネットであれば・・

既存の座板フレームがもう少し厚みのある無垢板であると、何度でも張替もできるのですが。
また、シートもメッシュの密度がありしっかりしたタイプがありますので、今回はそちらに交換します。

たまにある事例では、弊社以外の修理工房で一度張替をした工房や企業が、しっかりと元の張地を剥がさずに上から新しい布地を張り込んでいくことで家具修理とした事例や元のウレタンやウェビングテープ(ウレタンを支えるベルト)
をそのまま再利用しているケースです。すべて綺麗に剥がす手間が大変なため、そうゆう修理の仕方をする工房があるようです。残念ですが、根本が直っていないのでとても修理完了とは言い難い感じです。
リフォーム業者などでたまに聞く悪質リフォームの様に感じることがあります。ご依頼先には、きちんと修理内容などを細かく確認する必要があると思います。

張替 職人による張込作業

シートネットの交換 高質なメッシュ材に交換




国家資格(一級技能士)を持つ熟練の職人たちの手によって修理完成




センチュリー家具の修理・修復は実績のある『家具の病院』へ


一級椅子張り技能士、一級塗装技能士、家具手加工一級の資格を持った熟練の職人たちの手で『価値ある家財』を修理・修復いたします。

センチュリー家具に合わせた、オーダーメイド家具やソファも製作可能です。
設計室がライフスタイルや使い勝手に合わせてデザインからご相談いただけます。


家具の修理は「家具の病院」へ

ダニエルの職人集団は、木部修理、塗装修理、張り修理の大きく3部門の専門特化した職人が従事しております。
各部門が総合的に修理・修復することで、大切な家財を最良の状態に最高の技術を伝統的な技で対応いたします。
どのような事でもまずはご相談ください。 見積もり相談全て無料です。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから

関連記事

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから