<![CDATA[ダニエルブログ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/ Thu, 21 Mar 2019 12:17:15 +0900 Mon, 18 Mar 2019 12:02:50 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[あらゆる生活シーンで豊かな寛ぎを!! 『VON』シリーズ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/03/18/179
あらゆる生活シーンで豊かな寛ぎを提供するソファシリーズ 





「VON」シリーズとは


創業業者ルシアン・アーコラーニ氏が1956年にデザインたNo,427の基本コンセプトとデザインを基調に、現在のライフスタイルに合わせてリデザインされました。

1956年にデザインされて販売されたNo,427 のカタログアーカイブ

デザインはNYで活躍する Hlynur V Atlason

オリジナルのNo,427 を基本コンセプトに、より快適に、よりスタイリッシュに生まれ変わったVONシリーズ。
ホームスタイルからワーキングスタイルまで、幅広く活用いただける様に、軽やかで座り心地を重視し、上質な室内空間を提案できるように考えられています。

あらゆるシーンに対応する「VON」シリーズ

拡張性が高く、組み合わせることによりあらゆるシーンでお使いいただけます。


上質な暮らしの為に

VONシリーズはアーコールらしい木質でナチュラルなフレームに、最新技術を施し改良を重ねた座と背のシートを採用し、どのようなシーンでも上質で快適な生活空間をご提供いたします。

VON15.jpg
肘の部分にテーブルを備えたWORKING CHAIRは、サロンやラウンジでの使用の他、会議用のチェアとしても活用いただけます。
VON11.jpg
シンプルなデザインで設えに合わせてコーディネートできます。

VON14.jpg




商品のお問い合わせ
株式会社ダニエル 電話045-311-4001(海外事業部)

<<新作商品画像集はこちら>>

アーコールオフィシャルホームページ www.ercol-japan.com
ご要望・ご相談は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Mon, 18 Mar 2019 12:02:50 +0900
<![CDATA[お好みのマントルピース・装飾暖炉を製作します。VOL.2 「納品事例・レンガタイル張り」]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/03/08/178 ご要望に応じた装飾暖炉・マントルピースを製作します。
最近の納品事例をご紹介 VOL.2 2019年3月

ホワイトカラー&レンガタイル張り


マントルピース装飾暖炉横浜元町ダニエル特注 (2).jpg


マントルピース装飾暖炉横浜元町ダニエル特注 (1).jpg
装飾のオプションをプラスし、周りにタイルのレンガを施しました。
更に、海外製の水蒸気で炎の演出をする機能をマントルピースに施しました。

コーナータイプ&既製品の装飾暖炉を内蔵

マントルピース装飾暖炉横浜元町ダニエル特注 (7).jpg

マントルピース装飾暖炉横浜元町ダニエル特注 (3).jpg
デットスペースになりがちなお部屋のコーナーを活用したマントルピース・装飾暖炉。

マホガニー色&レンガタイル張り ※下に製作内容収録

マントルピース装飾暖炉横浜元町ダニエル特注 (10).jpg




定番の装飾暖炉・マントルピースもお好みに合わせて製作

横浜元町・ダニエルの装飾暖炉・マントルピースは、簡易設置の置き型式の為、戸建て、マンション、店舗と設置する場所を気にすることが無く設置ができます。
巾木の部分をカットして壁との隙間が無いようにすることも可能です。

1.スタンダードタイプ 

装飾などを全く施さないスタンダードタイプをベースに、お部屋やスタイルに合わせて、オリジナル装飾暖炉ができます。

スタンダードタイプ ※写真のカラーは9.オフホワイト色

2.選べるカラー

スタンダードタイプのマントルピースに、お部屋の設えや建具、家具に合わせて12色のカラーバリエーションから塗装色を選べます。

その他別注カラーも対応可能。
特注アンティーク色にゴールドを施した塗装色と天板に人造大理石を施した事例

3.選べる装飾

スタンダードタイプのマントルピースに、お好みの装飾品を選びいただけます。

設置する方向や、選択する組み合わせによって色々なデザイン性のそ装飾暖炉ができます。

同じベースを使用していても、使用する装飾や選択するカラーで雰囲気は変わります。

 

ご要望に応じた装飾暖炉・別注編

上記でご紹介の定番マントルピースを基調にご要望にお応えする特注品も数多く手がています。
今回のご紹介は、レンガタイルを張って、装飾の薪を添えてより本物志向にアレンジした装飾暖炉です。

1)まずは貴重なるベースとのデザイン・色を決めていただき製作します。
  その後、お部屋やお好みに合わせたレンガを決定。出来上がったベースに下地作りをしていきます。


2)タイルを一枚一枚、張っていきます。


3)

大きな特徴はいつでも移動が可能

 

今回のように住まいの造作工事でなく製作することで、お部屋のイメージチェンジや設えを変えるときには簡単に場所を変更できます。

いよいよ設置

設置場所は選ぶことがありませんが、巾木やコンセント位置などを事前に把握することで、設置場所での活用も変わってきます。
中に置く装飾の薪等の付属品がコンセントを要する場合は、事前にマントルピース本体にコンセントを設置することも可能です。
また、壁へのコンセントをご使用の場合はに背面をくり抜くなどの処置を設定前にいたします。



本当に燃えているように見える薪

今回はダニエルの製作した装飾暖炉にDimlex社の薪を備え付けました。
より本格的な暖炉の装いになります。


オーダーメイドによる満足いくインテリアへ

ご要望に応じてサイズや設え、色、暖炉中の装飾など、お客さまのご要望に応じてデザインから施工まで対応いたします。


オリジナリティー溢れる装飾暖炉のある暮らしをお届けいたします。
下記より、マントルピースの「リーフレット&ご注文書」をダウンロードいただけます。

マントルピース注文書(株)ダニエル.pdf

特注オーダーメイドのご要望・ご相談は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから




]]>
Fri, 08 Mar 2019 00:26:51 +0900
<![CDATA[トイレの洗面や収納もオーダーメイド 納品事例]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/03/07/177 特注家具の納品事例のご紹介 この度の納品事例は、特注のトイレのカウンターと洗面収納です。

カスタマイズ・オーダーメイド


タイルと可愛らし洗面ボールの下に収納を特注製作しました。
キャビネット トイレ (7).jpg

室内の家具や造作家具に合わせて、ダニエルオリジナルのデザインに統一した収納の扉を設置することで、トイレ室もトータルでインテリアの統一ができました。

お部屋の雰囲気に合わせてカスタマイズ

キャビネット トイレ (8).jpg

キャビネット トイレ (7).jpg
面材を無垢の樺桜で製作しているために、高級感と質感の高さが感じられる収納になりました。

キャビネット トイレ (1).jpg
水廻りの工事施工も対応しております。

 


こだわりを持って、デザインやサイズ、色や取手を選んで製作することであなただけの、ご家族だけの、世界に一つしかいない家具が出来上がります。
ご相談は各ショールーム、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Thu, 07 Mar 2019 23:39:01 +0900
<![CDATA[キッチン&キッチンカウンターに相性がいいスツール 納品事例 アーコール]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/03/03/176 納品事例のご紹介
ダニエルが取り扱いをする英国家具「アーコール」(ercol)社の納品事例をご紹介します

キッチン&対面キッチンに合わせて

シンプルながら高いデザイン性と耐久性を兼ね揃えたアーコールのバースツール。
ブルボトルコーヒーの店舗にも多く採用をいただき、多くの方にお使いいただいているバースツール

対面キッチン、オープンキッチンが多くなる室内空間で、そのデザイン性と座り心地で話題です。
アーコール納品事例 (1)19.jpg
室内空間にアクセントととなるブラックカラ―


キッチンカウンターチェア (3).jpg
シンプルにナチュラルカラー
Screenshot_20170201-153316.jpg

 

ラブシートやバタフライチェアも注目アイテムです


アーコールのオリジナルシリーズの中でも最も人気があり、定番中の定番。
バタフライチェアやラブシートを活用するのも素敵です。

アーコール対面キッチン事例 (1).jpg
アーコール対面キッチン事例 (2).jpg
ホワイトカラーはナチュラルテイストの設えにもマッチして優しい雰囲気を演出します

趣味、こだわりをカタチにします

カフェインテリアを自宅で再現
アーコール納品事例 (3)19.jpg

アーコールBTCショールーム (1).jpg
ブラックレッグのバタフライチェアは存在感も抜群。

造作のベンチや造作家具も製作します

 

こだわりを持って、デザインやサイズ、仕様の他、掛け心地、木部の色や張地を選んで作ることであなただけの、ご家族だけの、世界に一つしかいない家具が出来上がります。

ご相談は各ショールーム、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Sun, 03 Mar 2019 16:52:02 +0900
<![CDATA[元町チャーミングセール2019 開催 ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/02/27/175

半期に一度の横浜元町「チャーミングセール」 60年以上続く歴史ある横浜元町チャーミングセールが開催されます。


ダニエル元町本店では、オリジナルのダニエル家具を始め英国のアーコール、アメリカのスティックレー、レイジーボーイを特別価格んてご提供。
また、シモンズベッド、マル二木工(地中海シリーズ)、ブルージュ、冨士ファニチアなど国内外の選りすぐりブランドメーカーをお買い得価格で販売、企画品も多数ご用意しています。

SALE2月26日~3月3日


元町チャーミングセール201902.jpg


動画CMはこちら


詳しいセールの内容はこちら


お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Wed, 27 Feb 2019 16:00:31 +0900
<![CDATA[こだわりのオーダーメイド バレットスタンド(コートハンガー) ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/02/27/174 特注家具の納品事例のご紹介 今回の事例は、コートハンガー。
ホワイトアンティーク色のオーター品です。

カスタマイズ・オーダーメイド

仕様やデザイン、使い勝手を聞きしてから製作するダニエルのオーダーメイドは、個々のご要望に的確にお応えいたします。
カラーバリエーションもお手持ちの家具や、床材、建具などに合わせて特注色が可能です。




使い勝手に合わせてカスタマイズ

 

ご希望のこだわりをカタチにします




こだわりを持って、デザインやサイズ、仕様の他、掛け心地、木部の色や張地を選んで作ることであなただけの、ご家族だけの、世界に一つしかいない家具が出来上がります。
ご相談は各ショールーム、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから


]]>
Wed, 27 Feb 2019 16:00:16 +0900
<![CDATA[クラシックチェアの張替修理 椅子修理 「家具の病院」]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/02/25/172 1)椅子の張替修理
ベルベットのイタリア製 クラシックチェアの張替え修理
椅子張替スプリング補強あり (1).jpg


今回は張替ももちろんですが、座面部分と後ろ足の接合部分が乾燥によって木痩せが生じ、接着面が剥がれてしまいぐらつきが生じています。特に、秋口から冬場は乾燥が一段と厳しくなり、この様な状況や、テーブルの割れ、椅子のぐらつき等の症状が出やすくなります。

2.熟練の職人が経験を活かして修理まします

椅子張替スプリング補強あり (3).jpg
現状のままではまたぐら付きが生じる可能性があるために、すみ木と呼ばれる補強を各四方に新たに製作し強度を上げます。
ここがポイント 他社ではこのすみ木の新規取り付けはやっていません

その後単独のスプリングを現状より増やし、麻のテープを使用して座面を作り込んでいきます。
ここがポイント 他社では伝統的な技法での修復が難しくゴム製のウェビングテープか板を張ってその上にウレタンをのせます。

椅子張替スプリング補強あり (4).jpg

 

3.いよいよ完成

その後新規のウレタンを載せ形を整えていきます。
椅子張替スプリング補強あり (5).jpg

椅子張替スプリング補強あり (6).jpg

椅子が綺麗に修復されました

 

家具の修理は「家具の病院」へ

今回は張替修理でした。
ダニエルの職人集団は、木部修理、塗装修理、張り修理の大きく3部門の専門特化した職人が従事しております。
各部門が総合的に修理・修復することで、大切な家財を最良の状態に最高の技術を伝統的な技で対応いたします。
どのような事でもまずはご相談ください。 見積もり相談全て無料です。
簡単見積り.gif

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Mon, 25 Feb 2019 23:01:37 +0900
<![CDATA[平成31年3月21日祝日 工房見学会開催:  洋家具発祥の地:横浜(株)ダニエルで横浜クラシック家具の熟練職人の伝統技に触れる]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/02/21/171 工房見学会申込み書 開催日:平成31年3月21日(祝日/木曜日)
13時集合 ※先着順となります


お申し込み書・詳細概要説明書 PDFダウンロードは下記より

2019.03.21 横浜工房見学会PDF.pdf


お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから





日本の洋家具発祥の地:横浜元町

横浜で始まった日本おける洋家具づくり。
明治維新の開国後、多くの外国人が日本にやってきました。その多くが横浜の港に訪れるのです。
当初彼らは船の中で生活をしていました。ただ、滞在期間が長くなるにつれてこの東洋の島国で生活の基盤を作ろうとする者達が現れます。
明治政府は、横浜の今の関内地区に居留地を設けました。
ところが、彼らの生活様式合う家や家財道具が当時の日本にはありませんでした。そこで、船づくりの職人や馬具鞍作りの職人達に、自分達が持ち込んだ西洋家具や西洋の調度品を見せ、見様見真似に作らたり、修復させることでその製造技術を手ほどきしました。
こうして生まれたのが家具が、横浜クラシック家具です。下の錦絵は、当時の家具作りの様子を表現しています。
船づくりに使用する道具を用いて椅子を製造している様子です。

その伝統を正統に受け継ぐダニエルの職人達

元町周辺には外国人向けの家具を製造する職人達が多くいました。ところが、関東大震災や戦災によってその多くが消失し、復興の過程で家具製造業から商売を替えたり、職人にならずにモノづくりから離れていく就業者達が多くいました。
そこで、ダニエルの創業者咲寿武道と三光家具の富沢市五郎氏により横浜家具の継承と技術者の育成の運動が起こります。
1950年咲寿武道は神奈川県需品家具工業組合理事長に就任。1972年。当時残っていた横浜家具製造業者や個人親方でやっていた家具職人達を集めて「横浜クラシック家具協業組合」を設立し、横浜家具の伝統技術と職人の育成を進めます。
後に、その製造部門が株式会社ダニエルの創業へつながるのです。

受け継がれた伝統技術を見る。横浜クラシック家具「ダニエル」の工場見学

実際に、ダニエルの職人達が伝統の横浜クラシック家具・横浜家具の職人技を用いて家具製造している現場を見ることができます。
得にダニエルの横浜工房では、家具の修理専門の「家具の病院」を開設しています。
これは、明治維新後の多く日本に来た外国人が日本の人に洋家具の技術を伝授するために行った修理と同じように、ダニエル製品以外の家具の修復技術が見られます。イタリア製、アメリカ製、フランス製、日本製・・・。それらの国でつくられる家具の違いや技術も見学会ではご覧いただけます。
写真は、イタリアソファの張替工程。いままで張られていた革を丁寧に解体し、剥がす。その後、新規の張地を基の張地を基準に裁断していく作業工程です。

職人の命 道具


横浜クラシック家具づくりの特徴の一つは鉋です。
明治維新間もない日本では、洋家具を製造するための道具などもちろんありませんでした。
そこで職人達は自分達の道具(大工は大工道具・馬具鞍は鞍造りの道具など)を用いて、洋家具の製造にあたります。
また、海外ではすでに家具作り用の機械も使われていました。そうした道具が無い横浜の職人達は、鉋を用いて椅子のフレームやネコ脚、箱モノ家具など、木を削りながら西洋のデザイン性のある曲線家具を製作していったのです。
ですから、ダニエルの職人達は多くの鉋を多用して家具作りをしています。
その一部を実際にご覧いただけます。 またその道具を用いた鉋削りの技ももちろん、目の前でご覧いただけます。

普段見られないソファの内部構造

ソファなどは張地を張られてしまうと、その内部の構造は見ることができません。
勿論掛け心地は座って確認いただけますが、最も大切なのは内部構造。ウレタンも安価なモノから上質な高級品までピンからキリです。
また、スプリングやウェビング。その座り心地を形成する土台も色々あります。その内材や構造によって家具の耐久性、本当の意味での座り心地が変わってきます。


ここでしか見ることができない素材や、掛け心地を体験

古い家具の修理時には、今では使われることがほとんど無くなった、馬毛や藁が内材として使われているのが確認できます。
ダニエルの「家具の病院」の修理では、今では海外から輸入して馬毛やシュロ(藁の変わり)を調達して修理、修復を行います。
また、新規製品の「クーガーハイバックソファ」や「クレアソファ」シリーズには、現在製造されているダニエル製品でありながら、馬毛やシュロ、ラテックスなどの天然素材を活かしたソファづくりがされています。
実際のそれらの素材を手にしていただき、製作されたソファなどに腰かけていただき、その座り心地を体験いただけます。

プロから一般の方までどのなたでも楽しめます

インテリアコーディネーターや設計士、家具販売の関係者から一般方まで、年間200名近い方々が工房に来社いただいています。
毎回製作しているモノも違うために、何度となく訪れるリピーターの方もいらっしゃるダニエル工房見学会。

1)横浜工房「椅子張りと家具の病院」をメインにした工場見学
2)伊勢原工房「木の天然乾燥から木の木取、組み立て、塗装、本物の家具作り」をメインにした工場見学 「ダニエル工場・伊勢原工房編はこちら」
上記2つの工房でそれぞれ異なる内容をご覧いただけます。

また、各百貨店やダニエルショールームなどでも出張実演を開催。 
定期的に開催される工房見学会と合わせて、熟練職人の技をご覧いただけます。



お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Thu, 21 Feb 2019 13:03:36 +0900
<![CDATA[学校説明会 『家具の学校』 第16期生募集中]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/31/169 ダニエル「家具の学校」学校説明会 ご案内
  • 開催日:平成31年2月9日(土),平成31年2月16日(土),平成31年2月23日(土) 
  • 時間 :13時から1時間半程度 
  • 場所 :横浜市西区岡野2-17-20 電話:045-311-4001 ※元町店ではございません
  • 申込用紙はこちら
    学校説明会申込書.pdf


    『第16期生募集中』
    詳しいお問い合わせは下記よりご連絡ください。

    お問い合わせ

    お電話から
    045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
    メールフォームから

 



家具の製造とリペア技術を身に付け、家具の魅力を伝えられる人材を養成

ダニエルでは、昨今の資源枯渇の状況をふまえ、こだわりの家具に愛着を持って長く大切に使っていただくための「家具のリペア」が重要であると考えております。 「家具の学校」では、これまでに「家具の病院」を通して培われた技術やニーズを享受しております。
家具の製造やリペア技術だけではなく、永く使い続ける魅力を伝えることができる人材を養成しています。

先生は伝統の横浜クラシック家具の製造に従事する熟練職人達



モノづくりの精神から道具の基本的な使い方から学びます。
授業では、デザインや家具の歴史背景などの授業も。



ダニエルの家具の学校はただのモノづくりだけなく、デザイン(製図)や家具の歴史背景などの、モノづくりに必要な最低限のことを学ぶ授業も含まれます。
今までデッサンやデザインなどを学ぶ経験が無い方でも、自然と椅子やパースが掛ける様になるきっかけが分かります。

初級の終盤の授業では、横浜クラシック家具の伝統チェアである「ミッシェルチェア」を組み立、塗装、椅子張りの工程を自ら体験していただき、完成品をご自宅に持ち帰りご使用いただけます。


伝統の横浜家具を製作して持ち帰る

最初のモノづくり授業は、自分が使う道具を仕舞う『道具箱』


初めて使用するカンナや金槌など、道具の使い方を学びながら木の性質等を知ることができます。

終盤の授業では、ある程度加工された横浜クラシック家具のチェアを組み立て。自分の好みの色や、布地などを選定し、裁断、縫製、張り込の作業を行います。

好みによって同じチェアでも、出来栄えが変わってくるもの毎年楽しみの一つです。

授業は老若男女、素人の方を中心にセミプロの方まで幅広く参加されています。


『第16期生募集中』
詳しいお問い合わせは下記よりご連絡ください。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから


普段の「家具の学校」の授業の様子やイベント情報はこちら ※別サイトに飛びます
ダニエル「家具の学校」ブログ



ダニエル「家具の学校」学校説明会 ご案内


  • 開催日:平成31年2月9日(土),平成31年2月16日(土),平成31年2月23日 
  • 時間 :13時から1時間半程度 
  • 場所 :横浜市西区岡野2-17-20 電話:045-311-4001 ※元町店ではございません
  • 申込用紙はこちら
    学校説明会申込書.pdf


    『第16期生募集中』
    詳しいお問い合わせは下記よりご連絡ください。

    お問い合わせ

    お電話から
    045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
    メールフォームから



]]>
Thu, 31 Jan 2019 18:09:09 +0900
<![CDATA[タイムレスな一品 チェスターフィールドソファ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/29/168 あらゆるシーンに対応するチェスターフィールドソファの紹介

チェスターフィールドソファとは

チェスターフィールドソファは、ソファのデザインのなかで最も人気と知名度が高いもののひとつとされています。
しかし、オリジナルについて語る場合、チェスターフィールドソファの正しい定義は「丸まった肘掛けが背もたれと同じ高さの大きなソファ」と称されます。典型的なチェスターフィールドは濃い色のレザーで覆われ、全体的にタフティング加工が施され、ネールヘッドが打ち込まれているモノが多いようです。
モダンにアレンジされたソファにはベルベットやその他の素材が布張りされ、脚が長く、背もたれと肘掛けがスリムになり、より軽快な印象を与えます。
クッションにはポケットコイル、その下の支えにもコイルスプリングを施したダブルスプリングで、最高のそして身体に優しい座り心地をご提供しています。
ダニエルの定番チェスターフィールドスタイルソファは「エンペラー」シリーズです。

「エンペラー」ソファシリーズ

ダニエルの数あるソファシリーズの中のでもあえて、「皇帝」の意味を込めて命名されました。

エンペラー2.5人掛け

チェスターフィールドの伝統と「エンペラー」シリーズ

コイルばねが1800年代半ばに発明され、椅子の座り心地は格段に向上しました。そして、チェスターフィールドソファは豪奢な室内に合わせて、革張りまたは高級感のあるベルベットで布張りされていることが多く、こうした背景があって、贅沢で座り心地の良いソファの代名詞となりました。
その後チェスターフィールドソファは、貴族クラブの定番的存在となったのだ。そしてその万能性と高級感が評価され、流行しました。
それから200年経ち、チェスターフィールドソファは真のタイムレスでクラシックなソファとなりました。
高級感のある革張りであろうと、柄入りの布で覆われていても、このデザインにはさまざまなアレンジが加わり続け、多くの空間にもマッチすることを、身をもって実証されています。伝統的、またはクラシックなデザインをモダンにアレンジしたスタイルをダニエル「エンペラー」シリーズで可能にしています。

伝統的な技法で製作される・ダニエルの「エンペラー」シリーズ1



伝統的な技法で製作される・ダニエルの「エンペラー」シリーズ2




カスタマイズ・オーダーメイド

仕様やデザイン、使い勝手に合わせて、サイズや組み合わせを自由にできるモジュラータイプ。
もちろん、座り心地のシートの硬さも選びがいただけます。張地の選択は、国内外の布地はもちろん、本革も豊富に取り揃え、脚部の色や高さまでこだわれる、世界に一つだけのこだわりのソファをお作りいただけます。


使い勝手に合わせてカスタマイズ


お部屋のサイズ、使い勝手などライフスタイルに合わせたセレクトで使いやすいシリーズです。



納品事例

チェスターフィールド「エンペラー」シリーズ (2).jpg


こだわりを持って、デザインやサイズ、仕様の他、掛け心地、木部の色や張地を選んで作ることであなただけの、ご家族だけの、世界に一つしかいないソファが出来上がります。
ご相談は各ショールーム、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Tue, 29 Jan 2019 01:17:00 +0900