横浜クラシック家具「ダニエル」 > ダニエルブログ > タイムレスな一品 チェスターフィールドソファ
インテリアコーディネート
2019/01/29

タイムレスな一品 チェスターフィールドソファ

ダニエルブログ

あらゆるシーンに対応するチェスターフィールドソファの紹介

チェスターフィールドソファとは

チェスターフィールドソファは、ソファのデザインのなかで最も人気と知名度が高いもののひとつとされています。
しかし、オリジナルについて語る場合、チェスターフィールドソファの正しい定義は「丸まった肘掛けが背もたれと同じ高さの大きなソファ」と称されます。典型的なチェスターフィールドは濃い色のレザーで覆われ、全体的にタフティング加工が施され、ネールヘッドが打ち込まれているモノが多いようです。
モダンにアレンジされたソファにはベルベットやその他の素材が布張りされ、脚が長く、背もたれと肘掛けがスリムになり、より軽快な印象を与えます。
クッションにはポケットコイル、その下の支えにもコイルスプリングを施したダブルスプリングで、最高のそして身体に優しい座り心地をご提供しています。
ダニエルの定番チェスターフィールドスタイルソファは「エンペラー」シリーズです。

「エンペラー」ソファシリーズ

ダニエルの数あるソファシリーズの中のでもあえて、「皇帝」の意味を込めて命名されました。

エンペラー2.5人掛け

チェスターフィールドの伝統と「エンペラー」シリーズ

コイルばねが1800年代半ばに発明され、椅子の座り心地は格段に向上しました。そして、チェスターフィールドソファは豪奢な室内に合わせて、革張りまたは高級感のあるベルベットで布張りされていることが多く、こうした背景があって、贅沢で座り心地の良いソファの代名詞となりました。
その後チェスターフィールドソファは、貴族クラブの定番的存在となったのだ。そしてその万能性と高級感が評価され、流行しました。
それから200年経ち、チェスターフィールドソファは真のタイムレスでクラシックなソファとなりました。
高級感のある革張りであろうと、柄入りの布で覆われていても、このデザインにはさまざまなアレンジが加わり続け、多くの空間にもマッチすることを、身をもって実証されています。伝統的、またはクラシックなデザインをモダンにアレンジしたスタイルをダニエル「エンペラー」シリーズで可能にしています。

伝統的な技法で製作される・ダニエルの「エンペラー」シリーズ1



伝統的な技法で製作される・ダニエルの「エンペラー」シリーズ2




カスタマイズ・オーダーメイド

仕様やデザイン、使い勝手に合わせて、サイズや組み合わせを自由にできるモジュラータイプ。
もちろん、座り心地のシートの硬さも選びがいただけます。張地の選択は、国内外の布地はもちろん、本革も豊富に取り揃え、脚部の色や高さまでこだわれる、世界に一つだけのこだわりのソファをお作りいただけます。


使い勝手に合わせてカスタマイズ


お部屋のサイズ、使い勝手などライフスタイルに合わせたセレクトで使いやすいシリーズです。



納品事例

チェスターフィールド「エンペラー」シリーズ (2).jpg


こだわりを持って、デザインやサイズ、仕様の他、掛け心地、木部の色や張地を選んで作ることであなただけの、ご家族だけの、世界に一つしかいないソファが出来上がります。
ご相談は各ショールーム、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから

関連記事

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから