家具の学校

家具の製造とリペア技術を身に付け
家具の魅力を伝えられる人材を養成

ダニエルでは、昨今の資源枯渇の状況をふまえ、こだわりの家具に愛着を持って長く大切に使っていただくための「家具のリペア」が重要であると考えております。

「家具の学校」では、これまでに「家具の病院」を通して培われた技術やニーズを享受しております。家具の製造やリペア技術だけではなく、長く使い続ける魅力を伝えることができる人材を養成します。

第15期生募集中!

家具の学校
家具の学校
  • 神奈川県横浜市西区岡野2-17-20
  • TEL:045-311-8689 FAX:045-314-9631
  • e-mail:kagunogakkou@daniel.co.jp

概要

基本方針

  • 他校にはない、ダニエルが持つビジネス環境と工場を活用したビジュアル(具体的)なカリキュラム。
  • 家具の病院の付属学校。
  • 家具の学校で勉強することにより生活文化の姿を学びとり、家具を理解し価値ある家具づくりを目指す人材養成。

授業方針

  • 現場の作業を学習に取り入れる。
  • 作業は初心者でも分かるようにゆっくり確認をしながらすすめる。
  • 学ぶということは、その時間に集中力をもって、その場所でしか学べないことを学ぶこと。 後で整理する、復習をするのが学習ではなく、その場で学び、分からぬことはその場で質問し、より拡がる疑問を各人が書籍などで学習する。

コース紹介

【初級コース】 定員:20名

基本的な工具の使い方から木工、塗装、張りの基本を学びます。
午前中は家具や材料、道具の基礎知識の座学、午後は実習になります。
実習は、はじめに木工道具の基礎知識を学び、道具箱を組み立てることで使い方を学びます。
次に、道具箱を塗装し木工塗装の練習をします。その後、ダニエルの代表的なダイニングチェア「ミッシェルチェア」のパーツを組み上げ、塗装し、最後に好みの布で張り上げます。

初級コース
【中級コース(初級受講者対象)】 定員:12名

ここでは、機械加工がメインになります。
小さいスツールを製作します。板材の状態から木取り、加工、組み立てを一工程ずつ進みます。いずれも危険を伴う作業です。
スツールも塗装、張りをしますが、完成した後は壊れた家具を修理するリペアの学習をします。
実際に引き取ってきた中古の椅子のぐらつきを直し、塗装し、張り替え作業で新品同様によみがえらせます。

中級コース
【上級コース(中級受講者対象)】 定員:12名

このコースでは、また手加工に戻りますが、初級・中級では伝えきれなかった技術を徹底的に体に覚えさせるコースです。
まず、必要な工具の徹底した調整からはじまり、さまざまな仕口加工を練習します。その後、中級よりも手の込んだ造りのサイドキャビネットを機械加工、手加工を交えて制作します。
後半の椅子張りの実技では、より本格的な椅子張りの練習をします。

中級コース

お問い合わせ

お電話から
0120-497669

または

045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
カタログ一覧
会社案内