横浜クラシック家具「ダニエル」 > ダニエルブログ > 耐震 家具の耐震対策 耐震ラッチ
お知らせ
2016/12/18

耐震 家具の耐震対策 耐震ラッチ

ダニエルブログ

家具の耐震対策①


お手持ちの飾り棚やキャビネット、食器棚などに、耐震対策を施すことができます。
ダニエルオリジナル家具は構造体が無垢材でできているため、キャビネットなどの扉に後付けで耐震ラッチを取り付けることができます。
※他メーカー製品の場合、構造部分が突板で、内材がパーチクルボードや空洞のケースがあります。その場合はビスが効かないた為に設置ができません。


耐震対策・器具取り付け

まずは本体部分に耐震ラッチの受けを取り付け

ダニエルの家具専門スタッフがご自宅にお伺いして対応します。(対応地域※東京都・神奈川と千葉・埼玉の一部)


受けモノを設置する構造体がしっかりとした無垢材である事が設置の条件となります。
ダニエル家具の場合は全く問題く設置が可能です。

耐震対策・器具の設置2

扉面に、ラッチの受けを設置します。

こちらの扉面もビス止めのため、無垢材でないとビスが効かず、設置ができません。


扉面と本体にそれぞれパーツを設置
これで地震などによる揺れを感じると、自然に耐震ラッチが落ち扉が開かなくなります。
耐震ラッチシリーズ

地震対策としてご活用ください

阪神淡路大震災、東日本大震災…日本は地震大国であり、過去にも大規模地震によって多くの被害がでています。 
大規模地震災害において家具の耐震対策が実施されていない場合、被害を拡大する危険が大きいことがわかります。
また、家具が転倒した際の開き扉の開放や引き出しの飛び出しは思わぬ事故につながります。
家具の転倒防止だけでは不十分で、飛び出し・落下防止をしないと食器や調理器具が落下しケガの恐れがあります。
さらに割れた食器・落下物により床が危険な状態となり逃げ道を塞いでしまう事もあるのです。
ぜひ、一度地震対策をご検討ください。
 
耐震ラッチ等の対策のご相談、ご依頼は各ダニエルショールーム・「家具の病院」でも受付しております。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから




お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから